2019年01月27日

ECB[欧州中銀]金融政策発表 & ECB[欧州中銀]金融政策発表


欧州中央銀行は、上限政策金利の限界貸付金利を0.25%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、下限政策金利の中銀預金金利をマイナス0.40%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、政策金利を現行の0.00%に据え置く事を決定した。
欧州中央銀行(ECB)は24日、政策金利を市場予想通り0.00%に据え置いた。また、中銀預金金利を現行の-0.40%、限界貸出金利を現行の0.25%で据え置いた。
 なお、ドラギECB総裁の記者会見が日本時間22時30分から行われる。
ECBは24日、「少なくとも2019年夏の終わりまで政策金利を据え置く」との見解を示した。
ECBは「保有債券償還金の再投資、利上げ開始後も長期にわたり継続」との見解を示した。



ドラギECB総裁は24日、定例理事会後の会見で「最近入ってくる情報は予想よりも弱い」などと発言した。
ドラギECB総裁は24日、「インフレがECBの目標に収斂することに自信」、「あらゆる措置を適宜調整する用意がある」などと発言した。
ドラギECB総裁は24日、「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」などと発言した。
ドラギECB総裁は24日、「目先の成長の勢いは予想よりも弱い」などと発言した。
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレがECBの目標に収れんすることに自信」
「ECBはあらゆる措置を適宜調整する用意がある」
「目先の成長の勢いは予想より弱い」
「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」
ドラギECB総裁は24日、「新たなTLTRO(貸出条件付き長期資金供給オペ)、数人の委員が言及」、「TLTROについて決定は下さなかった」などと発言した。
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「新たなTLTROについて数人の委員が言及」
「TLTROについて決定は下さなかった」
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「リセッションに陥る可能性は非常に低い」
「独自動車セクターは持ち直している」
「中国の減速は長く続かないだろう」
ドラギECB総裁は24日「ユーロ圏の景気後退の公算が大きいとは見ていない」などと発言した。



24日22:39 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレがECBの目標に収れんすることに自信」
「ECBはあらゆる措置を適宜調整する用意がある」
「目先の成長の勢いは予想より弱い」
「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」
「新たなTLTROについて数人の委員が言及」
「TLTROについて決定は下さなかった」
「リセッションに陥る可能性は非常に低い」
「独自動車セクターは持ち直している」
「中国の減速は長く続かないだろう」






posted by ken at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

日銀政策委員会・金融政策決定会合[経済・物価情勢の展望レポート、終了後直ちに発表] & 黒田日銀総裁、記者会見


日銀は23日の金融政策決定会合で、日銀政策金利適用レートのマイナス0.10%維持を決定した。
日銀は23日の金融政策決定会合で、金融政策の維持を決めた。長短金利操作は賛成7、反対2。資産買入方は全員一致。
日銀は23日「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表した。
日本経済の先行きを展望すると、海外経済が総じてみれば着実な成長を続けるもとで、設備投資の循環的な減速や消費税率引き上げの影響を受けつつも、きわめて緩和的な金融環境や政府支出による下支えなどを背景に、2020年度までの見通し期間を通じて、景気の拡大基調が続くと見込まれる。
日銀声明
「ETF・REIT、市場の状況に応じて買入額は上下に変動し得る方針を維持」
「長短金利操作の現状維持や政策金利のフォワードガイダンス維持に原田委員、片岡委員が反対」
日銀は当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持すると決定した。10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう長期国債の買入れを行う。その際、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ、弾力的な買入れを実施する。
日銀は23日発表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2018年度の消費者物価指数(CPI、除く生鮮食品)を+0.8%(10月は+0.9%)、消費税率引き上げの影響を除くケースで19年度を+0.9%(10月は+1.4%)、20年度を+1.4%(10月は1.5%)とした。
※タイトルを一部修正しました。
 日銀は23日発表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2018年度の実質国内総生産(GDP)を+0.9%(10月は+1.4%)、19年度を+0.9%(10月は+0.8%)、20年度を+1.0%(10月は+0.8%)とした。
当面の金融政策運営について
1.日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、以下のとおり決定した。
(1)長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)(賛成7反対2)
 次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針は、以下のとおりとする。
 短期金利:日本銀行当座預金のうち政策金利残高に▲0.1%のマイナス金利を適用する。
 長期金利:10年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買入れを行う。その際、金利は、経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうるものとし、買入れ額については、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ、弾力的な買入れを実施する。
(日銀HPから抜粋)
ドル円は、日銀金融政策決定会合で予想通りに金融政策の据え置きが決定されたものの109.80円まで上げ幅拡大。経済・物価情勢の展望(展望リポート)では、2019年度のコア消費者物価指数の見通しが、従来の+1.4%から+0.9%へ下方修正された。
当面の金融政策運営について
(2)資産買入れ方針(全員一致)
 長期国債以外の資産の買入れについては、以下のとおりとする。
①ETFおよぴJ−REITについて、保有残高が、それぞれ年間約6兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。その際、資産価格のプレミアムヘの働きかけを適切に行う観点から、市場の状況に応じて、買入れ額は上下に変動しうるものとする。
②CP等、社債等について、それぞれ約2.2兆円、約3.2兆円の残高を維持する。
2.日本銀行は、「貸出増加を支援するための資金供給」、「成長基盤強化を支援するための資金供給」、東日本大震災およぴ熊本地震にかかる「被災地金融機関を支援するための資金供給オペレーション」等の措置について、受付期間を1年間延長することを決定した(全員一致)。
3.日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する。マネタリーベースについては、消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで、拡大方針を継続する。政策金利については、2019年10月に予定されている消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、現在のきわめて低い長短金利の水準を維持することを想定している。今後とも、金融政策運営の観点から重視すべきリスクの点検を行うとともに、経済・物価・金融情勢を踏まえ、「物価安定の目標」に向けたモメンタムを維持するため、必要な政策の調整を行う。
(日銀HPから抜粋)
●日本経済の先行きを展望すると、海外経済が総じてみれぱ着実な成長を続けるもとで、設備投資の循環的な減速や消費税率引き上げの影響を受けつつも、きわめて緩和的な金融環境や政府支出による下支えなどを背景に2020年度までの見通し期間を通じて、景気の拡大基調が続くと見込まれる。
●消費者物価(除く生鮮食品)の前年比はプラスで推移しているが、景気の拡大や労働需給の引き締まりに比べると、弱めの動きが続いている。これには、①賃金・物価が上がりにくいことを前提とした考え方や慣行が根強く残るもとで、企業の慎重な賃金・価格設定スタンスなどが明確に転換するには至っていないことに加え、②企業の生産性向上に向けた動きや近年の技術進歩なども影響している。こうした物価の上昇を遅らせてきた諸要因の解消に時間を要している中で、中長期的な予想物価上昇率も横ばい圏内で推移している。もっとも、マクロ的な需給ギャップがプラスの状態か続くもとで、企業の賃金・価格設定スタンスが次第に積極化し、家計の値上げ許容度が高まっていけば、実際に価格引き上けの動きが拡がり、中長期的な予想物価上昇率も徐々に高まるとみられる。この結果、消費者物価の前年比は、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる。
●従来の見通しと比べると、成長率については、2018年度は下振れているが、2019年度、2020年度は概ね不変である。物価については、原油価格の下落を主因として、2019年度を中心に下振れている。
●リスクバランスをみると、経済・物価ともに下振れリスクの方が大きい。物価面では、2%の「物価安定の目標」に向けたモメンタムは維持されているが、なお力強さに欠けており、引き続き注意深く点検していく必要がある。
(日銀HPより抜粋)


黒田日銀総裁は23日、金融政策決定会合後の記者会見にて「物価上昇を遅らせてきた諸要因の解消に時間を要している」などと発言した。
黒田日銀総裁は23日、「当分の間は現在の極めて低い長短金利水準を維持する」、「経済、物価、金融を踏まえモメンタム維持に必要な政策を行う」などと発言した。
日銀の黒田総裁は「原油価格下落の物価への直接的な影響は一時的」などと発言した。
黒田日銀総裁は23日、「現在の緩和を粘り強く続けることが最も適当」、「株価や円相場はやや不安定な動きを見せた」などと発言した。
日銀の黒田総裁は「株価や円相場はやや不安定な動きを見せた」、「「年末年始の市場の動きはやや過敏だった」などと発言した。
黒田東彦日銀総裁
「2019年の物価見通し下振れ、原油価格の影響が大きく一時的」
「現在の緩和を粘り強く続けることが必要」
「物価上昇を遅らせてきた幾つかの要因の解消に時間を要している」
黒田日銀総裁は23日、「2%達成の時期は大きく先送りはされてない」などと発言した。
黒田東彦日銀総裁
「年末から年始にかけての市場の動きはやや過敏だった」
「物価の見通し、20年度に向けて大きく変わったわけではない」
「海外の経済、下方リスクが高まってきた」
日銀の黒田総裁は23日決定会合後の会見で、年末年始の市場動揺について、「先行きの不確実性に対しやや過敏であったように見受けられる。金融市場の動向が経済物価に与える影響について注意深くみていく」等と述べた。
日銀の黒田総裁は「必要があれば追加的な措置もとる」などと発言した。
日銀の黒田総裁は23日決定会合後の会見で「世界経済の下方リスク要因には米中摩擦や欧州などがある」等と述べた。
日銀の黒田総裁は23日決定会合後の会見で、「米中貿易摩擦は収束に向かうのではないか」等と述べた。
黒田東彦日銀総裁
「米中貿易・経済問題、個人的意見だが収束に向かうだろう」
「消費税、政府対策で大きな影響ないとみている」
「世界経済の下方リスク高まっているが、大きく下方修正される可能性は低い」
「リーマンショックのようなことが金融システムで起こる可能性はまずない」



23日15:40 黒田東彦日銀総裁
「2019年の物価見通し下振れ、原油価格の影響が大きく一時的」
「現在の緩和を粘り強く続けることが必要」
「物価上昇を遅らせてきた幾つかの要因の解消に時間を要している」
「年末から年始にかけての市場の動きはやや過敏だった」
「物価の見通し、20年度に向けて大きく変わったわけではない」
「海外の経済、下方リスクが高まってきた」
「米中貿易・経済問題、個人的意見だが収束に向かうだろう」
「消費税、政府対策で大きな影響ないとみている」
「世界経済の下方リスク高まっているが、大きく下方修正される可能性は低い」
「リーマンショックのようなことが金融システムで起こる可能性はまずない」













posted by ken at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

要人発言 1月21日週


米紙ワシントン・ポストは、米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁が当面の利上げ休止を支持する方向に傾いている、と報じている。ただ、同総裁は米経済が近くリセッションに陥る可能性はいかなるデータでも示されていないとの見方を示しているとしているという。
情報提供;FXニュースレター











21日07:30 ホワイトハウス
「米・トルコ首脳は二国間貿易の延長を議論した」
「米・トルコ首脳はシリアについて交渉による解決を継続することで合意した」
21日13:53 寧吉哲中国国家統計局局長
「中国にはマクロ政策支援の余地が十分にある」
「中国には妥当な成長率を達成できる自信と能力がある」
「米中貿易戦争が悪影響を及ぼしているものの、経済成長への影響は管理可能」
21日17:09 ロス独・欧州担当省
「英のEU離脱についての再考慮、EUは常に準備している」
21日20:51 英首相報道官
「議会の承認を得るには協定案の修正が必要」
「首相は英国が3月29日にEU離脱することを明確に言い続けている」
「合意なき離脱となれば大きな混乱となる」
「首相はベルファスト合意(英とアイルランドで結ばれた和平合意)を守ることを約束」
21日21:12 エルドアン・トルコ大統領
「トランプ米大統領はトルコに対する鉄鋼関税を考え直すと述べた」
「消費を拡大するために、企業に価格を下げて利益を減らすよう求めた」
21日22:50 国際通貨基金(IMF)エコノミスト
「中国の減税と預金準備率の引き下げが、通商摩擦の影響を和らげている。これが理由で中国の経済見通しを据え置いた」
22日00:41 メイ英首相
「労働党が協議に参加しなかったことが残念だ」
「合意なきブレグジットへの懸念が広がっている」
「2回目の国民投票は分離主義者を強めることになる」
「新たな投票は民主主義の根幹を崩すことになる」
「今週、閣外協力している北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)とバックストップについて協議する」
22日01:23 北アイルランドの民主統一党(DUP)のドッズ副党首
「政府はブレグジット交渉の変更を保証するべき」
※時間は日本時間















英中銀のブロードベント副総裁は23日、「中立金利は今後、低下するよりも上昇する公算の方が大きい」などと述べた。
ブロードベント・イングランド銀行(BOE)副総裁
「将来的に中立金利は低下よりも上昇しそうだ」
ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「原油価格は第4四半期非常に弱かった」
「貿易摩擦の解決が世界経済の成長を促す」
「カナダ経済は良好」
「政策はデータ次第」
22日11:03 麻生財務相
「(QW10連休について)為替は安定するのが重要であり、注意深く見守る」
22日15:45 バーレイ独法務相
「英国はこれからも独の良いパートナー」
「メイ英首相のプランBには失望した」
「離脱協定案は修正されないだろう」
22日16:21 中国外務省
「(ファーウェイCFOの身柄について)カナダは間違いをおかしている」
「カナダと米国は引渡し条約に違反」
22日16:28 バークレー英・EU離脱担当相
「もし2回目の国民投票が行われるとしたら民主主義にダメージ」
「EUも英国も合意達成を目指している」
「バックストップ案については検討中」
「妥協が必要なことは議会も認識すべき」
22日22:12 メクラーSNB理事
「世界経済は依然として堅調」
「スイスフラン高を阻止するために、マイナス金利と市場介入が必要」
「マイナス金利と為替介入でも、依然としてインフレ率は低い」
23日00:18 ポンペオ米国務長官
「中国との関係の進行は、中国が米国の基本方針である『公平な貿易』を受け入れるかで決まる」
「イランからの脅威は現実的だ」
23日00:24 安倍晋三首相(日ロ首脳会談の共同記者会見)
「北方4島の共同経済活動の進展を指示した」
「(北方領土問題)2月に日ロ外相がドイツで次回交渉」
「平和条約交渉で決意を確認」
※時間は日本時間












ポロズ加中銀総裁は「世界経済の減速、予想以上」などと述べた。
ブルームバーグは、カナダ中銀のポロズ総裁がインタビューで、原油安が今年の成長を低下させる「大きなショック」を引き起こしつつあるが、同国経済は良好との見方を示したと報じている。
情報提供;FXニュースレター
23日05:42 クドロー国家経済会議(NEC)委員長
「中国提示の準備会合案を米国側が拒否したという報道は事実ではない」
23日10:23 米共和党のマコネル上院院内総務
「米上院は、政府機関の再開に向けて、トランプ大統領の妥協案と民主党案を24日に採決する」
23日15:40 黒田東彦日銀総裁
「2019年の物価見通し下振れ、原油価格の影響が大きく一時的」
「現在の緩和を粘り強く続けることが必要」
「物価上昇を遅らせてきた幾つかの要因の解消に時間を要している」
「年末から年始にかけての市場の動きはやや過敏だった」
「物価の見通し、20年度に向けて大きく変わったわけではない」
「海外の経済、下方リスクが高まってきた」
「米中貿易・経済問題、個人的意見だが収束に向かうだろう」
「消費税、政府対策で大きな影響ないとみている」
「世界経済の下方リスク高まっているが、大きく下方修正される可能性は低い」
「リーマンショックのようなことが金融システムで起こる可能性はまずない」
23日16:01 モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
「英国の欧州連合(EU)離脱の延期は可能性のあるシナリオ」
「ここ数週間で英国の合意なき離脱のリスクは高まった」
「誰も合意なき離脱を望まず。あらゆるオプションを模索すべき」
23日18:54 ブロードベント・イングランド銀行(BOE)副総裁
「将来的に中立金利は低下よりも上昇しそうだ」
23日19:56 安倍首相
「日本経済のファンダメンタルズは非常に堅調」
「世界経済は穏やかに回復しているが、先行きにはリスクがある」
23日20:59 欧州委員会報道官
「EUは、ブレグジット後の厳格なアイルランド国境管理を避けるために、あらゆることを検討」
23日21:05 ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事
「世界経済は景気後退には向かっていない」
「もし通商摩擦が激化するようであれば見通しは変更」
23日21:12 メイ英首相
「EU離脱時期の延長は問題の先送り」
23日22:38 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「原油価格は第4四半期非常に弱かった」
「貿易摩擦の解決が世界経済の成長を促す」
「カナダ経済は良好」
「政策はデータ次第」
23日23:25 ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長
「第1四半期はゼロ%成長の可能性」
「政府機関が再開すれば第2四半期の成長は大きいだろう」
「2020年にリセッションに陥る可能性はゼロに非常に近い」
23日23:37 コンテ伊首相
「今年の経済成長は1.5%に達する可能性もある」
「経済成長は予算で予測していたよりも高くなるだろう」
24日01:07 モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
「現在の状況から脱出するためには2回目の国民投票は道理にかなう」
24日01:09 バークレー英・EU離脱担当相
「EUも英国も合意なき離脱は避けたいのは明らかなため、欧州連合(EU)と更なる話し合いは行われる」
※時間は日本時間














24日05:51 トランプ米大統領
「議会で一般教書演説を行えないことは残念」
「一般教書演説に代わる何かを行うだろう」
24日13:26
「連邦政府機関の閉鎖が終わってから、一般教書演説を行う」
24日11:18 豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)
「調達コストが増加していることなどを理由に31日より住宅ローン金利を引き上げる」
24日16:29 中国商務省報道官
「劉鶴中国副首相は予定通り1月30−31日に訪米」
「米国と貿易・経済問題で緊密な交渉を継続」
24日18:11 ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁
「しばらくの間現在の金融政策を維持する」
「金融政策を変更する理由はない」
24日19:43 カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁
「多くの企業にとって、ハードブレグジット(無秩序な英・欧州連合離脱)へ備えとしてできることは限られている」
24日19:46 ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事
「米中貿易摩擦は世界経済にとっての主要リスク」
「中国の減速は問題ないが、ペースが早いと問題」
24日19:50 マルムストローム欧州委員(通商担当)
「(米国による対欧自動車追加関税)発動されることないと確信」
「関税をかけあわない方針に米国が違反すれば、対抗措置を講じる」
24日22:38 ロス米商務長官
「米国と中国との間の貿易問題解消は何マイルも何マイルも離れている」
25日02:35
「トランプ米大統領は妥協できることは全て行っている」
「米中両国とも貿易協定を結びたい」
「来週の協議のためにたくさんの準備をしている」
「来週の協議の後、両国から声明を発表する」
24日22:39 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレがECBの目標に収れんすることに自信」
「ECBはあらゆる措置を適宜調整する用意がある」
「目先の成長の勢いは予想より弱い」
「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」
「新たなTLTROについて数人の委員が言及」
「TLTROについて決定は下さなかった」
「リセッションに陥る可能性は非常に低い」
「独自動車セクターは持ち直している」
「中国の減速は長く続かないだろう」
25日02:01 クドロー国家経済会議(NEC)委員長
「トランプ米大統領は中国との貿易協議について楽観している」
「1月の米雇用統計はかなり良いだろう」
「トランプ米大統領は米連邦準備理事会(FRB)のメンバーには、大統領と同じ考えをしている人を任命したがっている」
25日04:47 ムニューシン米財務長官
「人民元は中国との貿易協議における重要なファクターの一つ」
※時間は日本時間













25日09:31 クドロー国家経済会議(NEC)委員長
「米中通商協議では、知的財産権やテクノロジーの問題にも対応が必要」
25日12:19 トランプ米大統領
「大きな利益が株式市場から得られる。メディアがこれに時間を費やさないのは残念」
26日04:18 
「米政府機関の一部閉鎖を解除することで合意」
「3週間の暫定予算に署名する」
25日15:45 クーレECB理事
「景気減速は中央銀行にとって驚き」
「ECBが年内に利上げすべきかを論じるのは時期尚早」
「ある時点で、ECBはレートガイダンスを調整する必要」
25日16:30 ビルロワドガロー仏中銀総裁
「景気減速について主だった説明は不明確」
「ECBは3月にもGDP見通しを引き下げるだろう」
「一部のユーロ圏の景気減速は一時的」
「ECBは現実的で実施可能な政策をとる」
25日16:47 ルメール仏財務相
「合意なき離脱は英国にとって破滅であり、合意できることを望む」
「合意への道筋を見つけるのは英国」
「最悪な事態への準備もしている」
25日17:20 ハモンド英財務相
「ブレグジットにおいて我々が必要としている議会内コンセンサスは得られていない」
「合意なき離脱への分裂は落ち着いてきたが、解決には時間がかかるだろう」
「ブレグジットに向けて前進するには妥協点を見いださなければならない」
「ブレグジットへの討論は依然として続いている」
25日18:26 バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁
「3月のECB理事会ではリスクバランスについてが焦点」
25日18:34 独Ifo経済研究所エコノミスト
「工業部門が独経済を弱らせている要因」
「ブレグジットと米政府機関閉鎖が景況感を悪化」
「輸出の減少傾向は継続」
25日20:15 ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁
「為替市場は依然として脆弱」
「現在の拡大的な金融政策は依然として必要」
25日20:31 英首相報道官
「英政府、EU側と更なる離脱協議をする準備は整っていない」
25日21:32 北アイルランドの民主統一党(DUP)のドッズ副党首
「EU離脱への合意に達したいが、バックストップ案が問題」
26日02:20 リードサム英下院議長
「欧州連合(EU)はブレグジットの準備のために数週間、第50条を延長してくれるのは確かだ」
「バックストップの問題を解決すれば、保守党の党員や民主統一党(DUP)は首相の提案を了承してくれるだろう」
26日03:11 サンダース米大統領報道官
「トランプ米大統領が日本時間3時30分に米政府機関閉鎖について声明発表」
※時間は日本時間








posted by ken at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする