2019年05月26日

FOMC[米連邦公開市場委員会]議事要旨 [4月30日-5月1日開催分]


米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「多くのメンバーはインフレの低下は一時的との認識」
「当面の間、忍耐強い政策が適切と判断」
FOMC議事要旨は「辛抱強い姿勢は当面適切と当局者が判断」「一部の委員は世界の成長からの重大なリスクがあると認識」などと発表。
FOMC議事要旨は「ほとんどの委員は先行きのダウンサイドリスクを意識」「いくらかの委員は低いインフレ期待を懸念」などと発表。
FOMC議事要旨は「インフレ鈍化は一時的であり、利下げの必要論はない」「保有債券の残存期間、短縮の是非について議論」などと発表。
ドル円は110.25円前後と上値重く、ユーロドルが1.1163ドル近辺で小じっかり。米10年債利回りが2.38%後半とFOMC議事要旨(4月30日−5月1日分)の公表前から若干低下した。議事要旨では「多くのメンバーはインフレの低下は一時的との認識」「当面の間、忍耐強い政策が適切と判断」などが明らかにされた。
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「大半のメンバーは引き続き見通しの下振れリスクを指摘」
「数人のメンバーはインフレ期待低下のリスクを懸念」
「数人のメンバーは予想通りに経済が発展した場合、金融政策の引き締めが必要になる可能性を指摘」
「保有債券の残存期間について短縮の是非を議論」

23日03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「多くのメンバーはインフレの低下は一時的との認識」
「当面の間、忍耐強い政策が適切と判断」
「大半のメンバーは引き続き見通しの下振れリスクを指摘」
「数人のメンバーはインフレ期待低下のリスクを懸念」
「数人のメンバーは予想通りに経済が発展した場合、金融政策の引き締めが必要になる可能性を指摘」
「保有債券の残存期間について短縮の是非を議論」






posted by ken at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

要人発言 5月20日週


中国人民銀行は、「中国経済は安定している。我々には人民元レートを理にかなった水準で安定させる条件と自信、能力がある」とする潘副総裁のコメントを発表した。
情報提供;FXニュースレター
イタリア紙コリエレ・デラ・セラは、ECB理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁がインタビューで、ユーロ圏のインフレ率はECBが求める水準にはないと述べた、と報じている。
情報提供;FXニュースレター
ボスティック米アトランタ連銀総裁
「年内の利下げの可能性はない」
ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「米経済の2%以上の成長には更なる労働市場の拡大が必要」













*一部内容を訂正いたしました。
ブラード米セントルイス連銀総裁
「コアインフレが低い状態が続けば利下げを提唱するだろう」
ブラード・セントルイス連銀総裁は「低いコアインフレ続けば利下げを提唱へ」などと述べた。
英中銀のブロードベント副総裁は、英国が合意ないままEUから離脱した場合、英企業はその影響緩和に向け保留中の投資計画を中止する可能性があると述べた。
情報提供;FXニュースレター
ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、域内金融システムはなお脆弱で、統一がとれていないと指摘した。各国政府と金融機関の密接な関係を要因に挙げている。
情報提供;FXニュースレター
中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の金総裁は記者会見し、日本の金融機関などについて「アジアのインフラ整備に関する投資で幅広い経験を持っている」と述べ、提携に意欲を示した。
情報提供;FX 独紙ハンデルスブラット紙は、米セントルイス連銀のブラード総裁が「米経済は規模が大きくかつ多角化している。米中通商摩擦による影響は米経済の規模を踏まえると小さい」と指摘した、と報じている。問題が長期化しない限り米経済に実質的な害は及ばないとの考えを示したという。
情報提供;FXニュースレターニュースレター
米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、入手可能な景気データは非常に不正確なため、金利を機械的、自動的に決めるべきでないとの認識を示した。
情報提供;FXニュースレター
NY連銀のウィリアムズ総裁は、物価を押し上げることなく失業率がどこまで低下できるかについて、米国の経済政策担当者は考え方を変えたとの見方を示した。
情報提供;FXニュースレター
豪中銀のロウ総裁は、「金融政策委員会は6月に利下げを検討する」などと発言した。
20日05:58 トランプ米大統領
「もしイランが戦いを望むなら、イランの正式な終焉となるだろう」
20日09:11 茂木経済財政相
「消費税引き上げは不可欠、10月に引き上げる予定」
「内需の増加傾向は崩れていない」
「ファンダメンタルズはしっかりしている」
「中国経済の減速で輸出の伸びが鈍化」
20日17:20 トリア伊財務相
「イタリアは、財政の安定と投資の再開に固くコミットしている」
20日19:15 中国外務省
「華為技術(ファーウェイ)との取引を停止した企業とは、取引を控える可能性」
20日19:25 欧州委員会報道官
「20カ国・地域(G20)首脳会合で、トランプ米大統領とユンケル欧州委員長が通商問題で協議する予定」
20日19:44 ドイツ連銀月報
「ドイツ経済は、最近の持ち直しにも関わらず、依然として脆弱」
20日21:46 サルビーニ伊副首相
「欧州連合(EU)の財政規律は再考する必要性がある」
20日21:49 ボスティック米アトランタ連銀総裁
「年内の利下げの可能性はない」
20日22:29 オブラドール・メキシコ大統領
「大企業への免税措置を廃止するだろう」
20日23:17 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「米経済の2%以上の成長には更なる労働市場の拡大が必要」
21日01:12 ブラード米セントルイス連銀総裁
「コアインフレが低い状態が続けば利下げを提唱するだろう」
21日02:11 ブロードベント・イングランド銀行(BOE)副総裁
「(EU離脱の不透明感により)英企業の投資意欲は低いまま」
21日03:14 クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「政策見直しは与えられた2%のインフレ目標をとる」
「インフレは目標の2%に近づいている」
21日04:25 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「当局者は堅調な労働市場を維持し、インフレを低く抑えたい」
「我々は米経済の拡大を維持したい」
※時間は日本時間













エバンス・シカゴ連銀総裁は「インフレが2%を超える場合は必ず対処」などと述べた。
ローゼングレン・ボストン連銀総裁は「関税はインフレを2%に押し上げる可能性」「インフレは時間とともに2%へ」「世界経済は2019年の早い段階で後退」などと述べた。
ボスティック・アトランタ連銀総裁は、金融安定をめぐるリスクは「常に検討課題」であり、企業の高債務には注意を要するが、危機的な水準には達していないとの認識を示した。
情報提供;FXニュースレター
米セントルイス連銀のブラード総裁は、米国の金利は現在良い状況に、どちらかと言えば米金利は若干引き締め気味、FRBは昨年12月の利上げで行き過ぎた可能性、リセッションになったとしても、十分な政策手段あろう、などと発言した。
米セントルイス連銀のブラード総裁は、中立金利を2%と認識、このため現在若干タイト、などと発言した。
米セントルイス連銀のブラード総裁は、政策レビューで急進的な変化は予想せず、などと発言した。
米セントルイス連銀のブラード総裁は、インフレ目標達成で利下げ議論につながるなどと発言した。
21日08:05 パウエルFRB議長
「企業債務の伸びは鈍化」
「景気が悪化しても企業債務には大幅な悪影響はない」
「景気が悪化すれば個人は逼迫に直面する可能性」
「通商問題が金融政策の道筋に影響するか判断するには時期尚早」
「準備通貨としてのドルに脅威はない」
21日08:57 麻生財務相
「1-3月期のGDPは悪くない」
「経済のファンダメンタルズはしっかりしている」
「輸入が減ってGDPが良くなっている面もある」
21日09:59 黒田日銀総裁
「日銀によるETF買い入れが株価変動を抑制していることは事実」
「ETF買い入れは株価引き上げが目的ではなく、引き上げ効果はあっても大きなものではない」
21日10:36 オーストラリア準備銀行(RBA)議事要旨
「労働市場のさらなる改善が見られなければ、利下げが適切」
「短期的に政策金利を変更する強い根拠はない」
「豪ドルはここ数年のレンジ下限に位置している」
「第1四半期のインフレは著しく低く、住宅価格が大きく関係した」
「利下げが必要となる可能性の高い2つのシナリオを議論した」
「低金利による効果は過去よりも低下したことをメンバーは確認」
21日12:12 ロウRBA総裁
「6月の理事会で利下げを検討するだろう」
「インフレ目標と一致するには賃金の上昇が遅すぎる」
「最近のデータを鑑みれば、労働市場が驚くべき改善を見せる可能性は低い」
「インフレ懸念を高めずに失業率が5%を下回ることは可能」
「利下げは雇用を支援し、インフレを目標に引き上げる」
「緩和政策は豪ドルの下落につながる可能性」
「政府による減税の遅れは家計所得を0.3%まで減速させるだろう」
「総選挙は政策決定に影響を与えない」
「失業率はさらに低下することが可能であり、すべきこと」
21日15:56 英保守党下院院内総務
「必要なら、合意無き離脱、も可能とすべき」
「メイ英首相のEU離脱案は引き続き支持」
21日19:03 デギンドスECB副総裁
「ユーロ圏の一部銀行は不測のショックへの備えとして資本積み増しを指示すべき」
21日19:07 トリア伊財務相
「イタリアは、経済プログラムに対する信頼を回復することが必要」
21日20:57 ボスティック米アトランタ連銀総裁
「インフレ率は目標の2.0%からそれほど乖離していない」
「私のモデルでは、自然失業率(NAIRU)は4.1%」
「パウエルFRB議長と金融リスクへの見方を共有している。企業債務のリスクが増大している」
21日23:13 ディマイオ伊副首相
「2020年度予算案では減税を織り込む方針」
「研究開発費と教育費はEU財政規律から除外すべき」
21日23:59 メイ英首相
「2回目の国民投票を英議会に提案」
「ブレグジットは予想以上に困難な課題」
「ブレグジットにおけるコンセンサス模索を諦めるべきではない」
「ブレグジットを巡る2回目の国民投票実施の議会採決を提案する」
22日00:15 エバンズ米シカゴ連銀総裁
「低金利が常態化した状況でのバランスシートの役割を考慮する必要」
22日01:12 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「貿易摩擦による不確実性がFRBを忍耐強くする重要な理由」
「インフレは時間とともに2%に回帰するだろう」
「最近のデータは緩やかな成長と一致」
22日01:21 トランプ米大統領
「メキシコは不法移民に対して責任を負わなければいけない」
「メキシコの不法移民への対応は間違っている」
22日01:28 英首相報道官
「首相、2回目の国民投票への反対姿勢は継続」
「DUPを含む他党との協議は継続」
22日01:33 民主統一党(DUP、北アイルランド地域政党)
「ブレグジット新提案の詳細を待つが、致命的な欠陥は残ったままだろう」
22日01:54 コービン労働党党首
「労働党はメイ首相のブレグジット巡る新提案を支持しない」
22日02:22 ドッズ民主統一党(DUP、北アイルランド地域政党)副党首
「おそらく新首相のもとで、ブレグジットは実施されるだろう」
22日02:42 バラッカー・アイルランド首相
「英首相の離脱案をアイルランドは受け入れられそうだ」
※時間は日本時間













ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「FRBは米中は通商合意に至ると予想」
「もし通商摩擦への予想が違う場合、金融政策の再考も必要」
「関税は米経済にとって大きなリスク」
FOXビジネス・ネットワークは、米ダラス連銀のカプラン総裁が、米経済は今年2.25-2.50%と堅調なペースで成長し、インフレ率はFRBの目標に向けて動いていくとしたうえで、米金利水準は適切な水準にあるとの見方を示した。
情報提供;FXニュースレター
米NY連銀のウィリアムズ総裁は記者会見で、米経済が力強いこと、また、インフレ圧力が「基本的に存在していない」ことを踏まえると、現在の米金利は適切な水準にあるとの考えを示した。
情報提供;FXニュースレター
日銀の雨宮副総裁は、出席した参院財政金融委員会で、日銀が現在行っている強力な金融緩和政策を続ける重要性を強調したうえで「出口の際には内外の市場参加者に適切に情報発信することが大事」と述べた。
情報提供;FXニュースレター
日銀の若田部副総裁は23日「中銀において債務超過をそれほど心配する必要はない」、「中銀の債務超過による破綻への懸念は当たらない」などと発言した。
中国人民銀行副総裁は23日、「為替市場は安定している」、「市場のいかなる混乱も防ぐ」、「中国は為替変動に対応する豊富な手段を有している」などの見解を示した。
22日08:19 ブラード米セントルイス連銀総裁
「米金利は現在、良い位置にある」
「どちらかと言えば、米金利は若干引き締め気味である」
「FRBは12月の利上げで行き過ぎた可能性がある」
22日14:59
「中国による米債売却はそれほど大きな怖れにはならない」
「米債利回りは少し心配だ」
「米国や世界的なリセッションは前ほどは確率は高くない」
22日20:29
「今年の後半に金利を引き下げる可能性を除外しない」
22日10:36 原田日銀審議委員
「消費増税が景気を後退させ、需要減が物価を引き下げる可能性」
「足もとの物価停滞が物価上昇をさらに遅らせる可能性」
「下方リスクが高まっている」
「景気が悪化し、2%の物価目標達成が困難なら躊躇なく緩和が必要」
22日14:25
「景気は非常に微妙な状態」
「1-3月期のGDPで景気回復とはいえない」
「景気が微妙な状態で消費税を増税すると景気後退のリスクも」
22日15:47 英労働党報道官
「メイ英首相は、新提案を審議にかけないことが賢明」
22日16:26 中国外務省
「米国は国家権力を使って特定の企業を圧迫している」
22日18:19 イタリア統計局
「イタリアの今年の成長率予想を、従来の+1.3%から+0.3%に引き下げる」
22日20:22 メイ英首相
「2回目の国民投票には反対」
「英議会は、欧州連合(EU)との関税同盟に関して分裂している」
22日21:44 ムニューシン米財務長官
「今のところ、中国を訪問する予定はない」
22日23:22
「トランプ大統領と中国の習近平国家主席は6月末に会う可能性が高い」
22日23:18 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「金利は中立水準にあり、動かす理由はない」
「物価上昇率の動きはFRBの目標に沿っている」
「内需に牽引され米国経済は強く、今年の成長率は2%を超えるだろう」
23日00:03 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「FRBは米中は通商合意に至ると予想」
「もし通商摩擦への予想が違う場合、金融政策の再考も必要」
「関税は米経済にとって大きなリスク」
23日03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「多くのメンバーはインフレの低下は一時的との認識」
「当面の間、忍耐強い政策が適切と判断」
「大半のメンバーは引き続き見通しの下振れリスクを指摘」
「数人のメンバーはインフレ期待低下のリスクを懸念」
「数人のメンバーは予想通りに経済が発展した場合、金融政策の引き締めが必要になる可能性を指摘」
「保有債券の残存期間について短縮の是非を議論」
※時間は日本時間












デイリーSF連銀総裁は「持続可能な方法ではインフレは目標には到達しない」などと述べた。
ボスティック・アトランタ連銀総裁は「FEDは目標達成のために利用可能なツールをすべて使用」などと述べた。
FOXビジネス・ネットワークは、デーリー・サンフランシスコ連銀総裁がインタビューで、中国製品に対する一連の輸入関税が物価目標達成の一助になり得るとの考えを示したと報じている。
情報提供;FXニュースレター
米ダラス連銀のカプラン総裁は、記者団に対し、FRBが次に取る金利政策について「さっぱり分からない」という認識を示した。
情報提供;FXニュースレター
ブルームバーグ・ニュースは、メスター・クリーブランド連銀総裁がインタビューで、利下げは悪い政策だとしたうえで、金利据え置きにより物価目標の達成は可能との認識を示したと報じている。
情報提供;FXニュースレター
23日06:28 ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
「純負債の目標を2021-22年はGDP比で15-25%のレンジを目標とする計画がある」
23日10:13 麻生財務相
「(1-3月期のGDPは)内需の増加傾向は崩れていない」
「10月に予定通り消費税を引き上げる」
23日10:51 雨宮日銀副総裁
「現在の強力な緩和を粘り強く続けることが必要」
「出口の際の金利水準調整、内外市場への影響に十分配慮して進める」
「出口の際には内外市場に情報発信することが大事」
23日11:59 若田部日銀副総裁
「出口を議論する段階にない」
「金融政策にとって望ましいことを日銀が独自に判断」
23日16:22 中国商務省
「協議の継続を望むならば米国は誠意を見せるべき」
「中国は主要問題で譲歩しない」
23日20:37 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(4月10日分)
「年後半の成長持ち直しに対して確信が持てない」
「4月の弱いインフレ期待に関して懸念が高まった」
「最近のいくつかのデータは予想よりも弱い」
23日22:10 南アフリカ準備銀行(SARB)
「2019年GDP予想+1.0% 前回3月予想+1.3%から下方修正」
「2020年GDP予想+1.8% 前回予想から変わらず」
「2019年CPI予想+4.5%、前回3月予想+4.8%から下方修正」
「2020年CPI予想+5.1%、前回予想+5.3%から下方修正」
23日22:16 クガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB)総裁
「2名の委員が25bpの利下げを主張」
「GDP成長率見通しに下振れリスクがあると認識」
「通貨ランドは若干過小評価されている」
「南ア経済、米中貿易戦争の影響を受けやすい」
「中銀モデルでは20年第1四半期に25bpの利下げを示唆」
「エスコムによる電力供給不足は南ア経済の大きなネガティブ要因」
24日0:12 英首相報道官
「本日から明日にかけて首相が何らかの声明を出すとは聞いていない」
「首相は外務相と内務相らと個別に協議」
24日01:36 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「中国製品への関税はインフレを2%近くに押し上げる一助」
24日03:36 メスター米クリーブランド連銀総裁
「今、利下げすることは悪い政策になるだろう」
24日04:03 カプラン米ダラス連銀総裁
「FRBは金利に忍耐強くなれる」
「貿易摩擦の進展状況を注視」
※時間は日本時間












24日11:17 中国商務省
「国内経済は下方向の圧力に直面している」
「貿易状況は一段と不透明であり、課題に直面している」
24日13:40 安倍晋三首相
「リーマンショック級がなければ消費増税の方針は変わらない」
「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしている」
「(消費増税延期と選挙の関係)今の段階でお答えしかねる」
24日16:05 中国外務省
「米国の政治家は、いろいろな憶測・噂を述べているが、証拠を示していない」
24日17:39 北朝鮮
「米国は協議を再開するためには、新たなアプローチで臨むことが必要」
「米国の不信と敵意に対して行動する」
24日17:43 茂木経済財政相
「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしている」
「米中摩擦がいつ終息するのか不透明感が高まっている」
「米中貿易協議の見通しや世界経済への影響は一層注意が必要」
「現時点で景気回復が途切れたとはみていない」
「10月の消費増税の方針に変わりはない」
24日18:43 メイ英首相
「6月7日に辞任する」
「新たなリーダーが選出されるまで首相にとどまる」
「私の後任が議会でのコンセンサスを見いだすことが必要」
「新たな首相が、欧州連合からの離脱に向けた取り組みを率いることがこの国の最善の利益だということがはっきりした」
4日20:15 欧州連合(EU)高官
「メイ英首相の辞任後、ラーブ前英欧州連合離脱大臣やジョンソン前英外務大臣が首相となった場合のリスク、ブレグジット交渉を覆す可能性に警戒」
24日20:17 英保守党
「メイ英首相の後任候補の指名は、6月10日週までに終わる予定」
24日20:21 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス
「メイ英首相の辞任表明で、英国の合意なきEU離脱のリスク、成長が減速する可能性が高まった」
24日20:53 崔天凱駐米中国大使
「トランプ米大統領と習中国国家主席の公式な会談の予定は、今のところない」
24日21:46 ジョンソン前英外務大臣
「合意なきEU離脱に備えるべき」
「国民の議会運営への信認は失われた」
「我々は、政治的に非常に興味深い局面に差し掛かっている」
25日01:44 トランプ米大統領
「イランの脅威に対応するため、約1500人の米兵を中東に追加派遣する」
※時間は日本時間










posted by ken at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

要人発言 5月13日週


スイス中銀のジョルダン総裁は参加したイベントで、スイス中銀は自国経済を守るために、現行のマイナス金利政策を維持するとともに、外国為替市場への介入を継続する必要があるとの考えを示した。
情報提供;FXニュースレター
米アトランタ連銀のボスティック総裁は、中国製品への関税引き上げをめぐって、物価上昇で消費支出が抑制されれば、利下げが必要となる可能性に言及した。
情報提供;FXニュースレター
米NY連銀のウィリアムズ総裁は、世界的なリスクは存在するものの米経済は堅調で、インフレ圧力を示す兆候は見られないとの認識を示した。
情報提供;FXニュースレター
米ボストン連銀のローゼングレン総裁は13日、「インフレ率が上昇しないことに驚いている」「米国経済は力強さを維持しており、貿易問題に耐えることが出来る」などの見解を示した。











ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「米経済は貿易摩擦を乗り切れる」
「長期の高関税は成長を圧迫する」
「現在の米金融政策は緩和的」
「インフレの高まりがほとんど確認されていない」
カプラン・ダラス連銀総裁は「FFレートは中立で現状維持で推移する必要」などと述べた。
米ボストン連銀のローゼングレン総裁は、米中通商問題をめぐる緊張の高まりで景気が減速した場合、FRBは利下げを含む必要な手段を持ち合わせているとの考えを示した。ただ現時点ではこうした必要性はないと見ている、と指摘している。
情報提供;FXニュースレター
米ダラス連銀のカプラン総裁は、グローバル化や貿易は米経済への阻害要因ではなく、押し上げ材料との認識をあらためて示し、米中が貿易摩擦を解消することに期待を寄せていると述べた。
情報提供;FXニュースレター
米ダラス連銀のカプラン総裁は、米中貿易摩擦の激化について「非常に警戒している」との認識を記者団に示した。先行きが見通しやすくなるまで数週間か数ヵ月間かかる可能性があり、「忍耐強い」姿勢が必要と指摘している。
情報提供;FXニュースレター
ブルームバーグによると、ダラス連銀のカプラン総裁は貿易の先行き不透明感がリセッション(景気後退)の引き金になるかとの質問に対し、「この状況がいつまで続くかに左右される。関税は数週間、あるいは数カ月以上続くのだろうか」と述べた。
同総裁は、「貿易の状況がビジネスや一般にも不確実性をもたらす。しかし、これは長期間続くのだろうか」などと発言した。
日銀の黒田総裁は、5-10年で地域金融機関に困難生じる恐れがある、などと発言した。
黒田日銀総裁
「現在の金融緩和を当分持続する必要がある」
「低金利による銀行収益への影響は理解している」
「5−10年で地方の金融機関に困難が生じる恐れがある」
黒田日銀総裁
「物価上昇のモメンタムが失われれば躊躇なく緩和検討」
ビルロワ・仏中銀総裁
「3月に発表された金融政策は現段階では適切」
「最近の経済指標の数字は3月の予想と矛盾はしていない」
「地政学の不透明さが依然として続いている」
ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「将来の不況時の利下げ余地は限られるだろう」
「中立金利が低下したことで新たな政策アプローチが必要になる」
ウイリアムズ米NY連銀総裁
「米国経済はしっかりと回復している」
「企業の景況感と消費の弱い兆しを注視している」
「関税が大きくなればインパクトもより大きくなる」
「米国経済のファンダメンタルは依然としてかなりしっかりとしている」
ウィリアムズ米NY連銀総裁は14日、「米経済は良好な状態を維持している」「米国の企業信頼感は回復している」「関税はインフレを若干上昇させているが、関税率の一段の引き上げはより大きな影響をもたらす」などの見解を示した。
ECB理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は、直近のECBの経済見通しは依然として妥当と述べ、金融政策のスタンスは適切であるようだとの認識を示した。













13日08:38 トランプ米大統領
「中国は寝ぼけたジョー・バイデン(前副大統領・民主党大統領候補)や、他のやつらが2020年に選挙で選ばれることを夢見ている。彼らは米国をだますのが大好きだ」
13日19:48
「中国は報復をするべきではない」
14日03:26
「習近平・中国国家主席とプーチン・ロシア大統領とG20で会うつもり」
「3250億ドルの中国製品に対する追加関税についてはまだ決まっていない」
13日19:35 複数トルコ経済当局筋
「(中央銀行の法定準備金400億リラ)今年の中央政府予算に移すことが望ましい」
「目的は財務改善や強化」
13日22:14 クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「経済は2つの目標もしくはそれに近い」
「インフレは目標の2%に近づいている」
14日00:16 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「米経済は貿易摩擦を乗り切れる」
「長期の高関税は成長を圧迫する」
「現在の米金融政策は緩和的」
「インフレの高まりがほとんど確認されていない」
14日02:46 ムニューシン米財務長官
「米中の通商協議、まだ続いている」
「訪中の時期は今調整中」
※時間は日本時間












ジョージ・カンザスシティー連銀総裁は「利下げはバブルと景気後退を招く可能性」「大きなリスクは通商政策と世界的な景気後退」などと述べた。
ジョージ米カンザスシティー連銀総裁
「利下げはバブルと景気後退につながるリスクもある」
ブルームバーグTVは、NY連銀のウィリアムズ総裁が、トランプ米大統領が中国製品に関税を課した件について、「実際に関税が拡大すると仮定すると、向こう1年間にインフレが押し上げられ、恐らく成長にマイナス影響が出る」と述べたと報じている。また、米国が中国製品に課した関税ですでに物価がやや上昇したほか、成長も鈍化したとの認識を示したという。
情報提供;FXニュースレター
デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「その他先進国に比べ米国の労働参加率が低い点が疑問の一つ」
「金融危機や少子高齢化の状況下で米経済の回復や拡大が停滞しているようには見えない」
黒田日銀総裁
「国債引き受けで財政ファイナンスを行うとハイパーインフレになる」
日銀の黒田総裁は「物価目標へモメンタムが失われれば当然、追加緩和を検討する」などと発言した。
黒田日銀総裁
「モメンタムが失われれば、適切な追加緩和を行う」
「追加緩和を行う場合、効果とコストを比較考慮し、適切な方向を検討する」
「追加緩和では、金利や資産買入など様々な手段がある」
「財政や通貨の信認が失われて、為替が下落した場合の輸入物価の上昇は受け入れられない」
「原油価格暴騰で輸入物価が上昇した場合、物価安定目標を一切超えないという政策運営は適切でない」
14日09:25 格付け会社S&P
「メキシコを格下げする強い状況と判断するには時期尚早」
「メキシコの格付けはペメックスが主要リスク」
「メキシコ経済に対する下方向のリスクがメキシコの格付けに圧力」
14日09:39 ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
「ブレグジットや米中貿易戦争がNZの輸出を不安定な状況にする」
14日09:49 トランプ米大統領
「中国との協議は成功すると思う。それは3-4週間後に分かる」
14日20:25
「しかるべき時が来たら中国と取引するだろう」
「習近平・中国国家主席に対し無制限の尊敬と友好がある、しかし米国にとって良い取引でなければ意味をなさないと何度も伝えた」
「中国は金利をおそらく引き下げるだろう、米連邦準備理事会(FRB)も同じようにするべきだ」
14日09:51 麻生財務相
「貿易制限措置は、基本的にどの国の利益にもならない」
「米中間のやり取りは注意深く見ておかねばならない」
14日10:50 黒田日銀総裁
「現在の金融緩和を当分持続する必要がある」
「低金利による銀行収益への影響は理解している」
「5−10年で地方の金融機関に困難が生じる恐れがある」
「物価上昇のモメンタムが失われれば躊躇なく緩和検討」
14日13:59 王毅中国外相
「米中は、貿易問題を解決できる能力と知恵がある」
14日16:17 ビルロワ・仏中銀総裁
「3月に発表された金融政策は現段階では適切」
「最近の経済指標の数字は3月の予想と矛盾はしていない」
「地政学の不透明さが依然として続いている」
14日16:19 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「将来の不況時の利下げ余地は限られるだろう」
「中立金利が低下したことで新たな政策アプローチが必要になる」
14日18:38 
「米国経済はしっかりと回復している」
「企業の景況感と消費の弱い兆しを注視している」
「関税が大きくなればインパクトもより大きくなる」
「米国経済のファンダメンタルは依然としてかなりしっかりとしている」
14日16:54 中国外務省
「米中は対話の進行を続けることに合意」
「外国企業が中国で投資を広げることを歓迎する」
「中国が自国の利益を守ることに、米国が過小評価をしないことを望んでいる」
14日18:17 茂木経済財政相
「輸出や生産は弱さが続いているが、内需や設備投資や消費はしっかりしている」
15日01:50 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁
「利下げはバブルと景気後退につながるリスクもある」
※時間は日本時間












バーキン・リッチモンド連銀総裁は「インフレが目標よりも下にあるのは一時的な要因の可能性」「利上げ、利下げの強い論拠は見られない」などと述べた。
バーキン米リッチモンド連銀総裁
「利下げも利上げも根拠は見当たらない」
「金利について辛抱強さが必要」
「目標を下回っているインフレは一時的な要因の可能性」
バーキン・リッチモンド連銀総裁は「米国の労働市場は依然として非常に強いようだ」「関税の問題が不確実性をもたらしている」などと述べた。
15日07:50 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「その他先進国に比べ米国の労働参加率が低い点が疑問の一つ」
「金融危機や少子高齢化の状況下で米経済の回復や拡大が停滞しているようには見えない」
15日11:04 黒田日銀総裁
「国債引き受けで財政ファイナンスを行うとハイパーインフレになる」
「モメンタムが失われれば、適切な追加緩和を行う」
「追加緩和を行う場合、効果とコストを比較考慮し、適切な方向を検討する」
「追加緩和では、金利や資産買入など様々な手段がある」
「財政や通貨の信認が失われて、為替が下落した場合の輸入物価の上昇は受け入れられない」
「原油価格暴騰で輸入物価が上昇した場合、物価安定目標を一切超えないという政策運営は適切でない」
15日11:30 麻生財務相
「為替に関して、米財務省は、米通商代表部ほど激しく言ってこない」
15日14:23 サルビーニ伊副首相・同盟党首
「EU財政規律は時代遅れ」
15日16:37 中国外務省
「貿易戦争は米国や中国の利益にならない」
15日22:57 ムニューシン米財務長官
「中国との貿易関係改善に向け真剣に協議している」
15日23:16 関係者
「トランプ米大統領は自動車輸入に対する関税発動を延期する計画」
16日03:02 バーキン米リッチモンド連銀総裁
「利下げも利上げも根拠は見当たらない」
「金利について辛抱強さが必要」
「目標を下回っているインフレは一時的な要因の可能性」
※時間は日本時間











ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「依然として今年後半に成長が回復すると予想」
「家計の借り入れは再び回復する可能性が高い」
「米中貿易戦争の拡大は依然として主要なリスク」
カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「FRBはインフレ2%超えを容認するべき」
「インフレ期待は低い」
英中銀のウッズ副総裁は、EU離脱後に銀行規制を弱めないよう警告した。
情報提供;FXニュースレター
米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、FRBに物価上昇率の22%超えを容認するよう呼び掛けた。
情報提供;FXニュースレター
日銀の黒田総裁は17日「来年春を超えて現在の低金利維持する可能性は十分にある」などと発言した。
黒田日銀総裁
「来年春を超えて現在の低金利を維持する可能性は十分にある」
「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
「物価は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」
日銀の黒田総裁は17日「海外経済の不確実性が一番大きな下方リスク」、「金利指針の明確化、当分の間はかなり長いことを示した」などと発言した。
日銀の黒田総裁は17日「2%物価目標は長い目で見れば為替の安定にも資する」などと発言した。
16日07:22 米商務省
「華為技術(ファーウェイ)の製品購入でライセンスを義務付けへ」
「華為技術(ファーウェイ)と関連会社70社を貿易ブラックリスク入りへ」
16日08:42 イラン外務相
「米国の核合意離脱にもかかわらず、我々は最大限に自制している」
16日10:02 華為技術(ファーウェイ)
「米政府との協議を望む」
「不当な規制は権利を侵害する」
「不当な規制は深刻な法的問題を生じさせる」
16日11:41 若田部日銀副総裁
「デフレ脱却局面で金利がスティープ化することを期待する」
「長短金利をフラット化することが金融緩和の目的ではない」
16日16:36 中国商務省
「世界景気の後退回避のため、米国に早期の中国製品への関税撤廃を要求」
「米国の関税引き上げは、米中通商協議を困難にする」
「通商を巡る緊張を米国が高めている事態は遺憾」
「現時点で米通商代表団が訪中を計画との情報ない」
「中国はあらゆる圧力を恐れず、挑戦への対応に自信」
「米国が圧力を継続するなら、必要な対抗措置を取らなければならない」
「米国の制裁や大きな圧力による戦略へ強く対抗」
「中国は重要な原則において絶対譲歩せず」
「(問題解決のためトランプ米大統領と習主席が会う必要)ない」
「通商摩擦が中国経済へ与える影響、完全に制御できる」
「消費者物価を注視、必要なら対策を講じる」
「米国との通商摩擦の低減ため一層の措置を講じる用意」
「通商戦争に勝者なし」
16日19:20 スラック英首相報道官
「ブレグジットに関して、これから数日内に労働党ともっと話し合いを行う」
16日23:45 サルビーニ伊副首相
「伊も規律無視のトランプ大統領のような行動が必要」
17日00:42 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「依然として今年後半に成長が回復すると予想」
「家計の借り入れは再び回復する可能性が高い」
「米中貿易戦争の拡大は依然として主要なリスク」
17日02:50 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「FRBはインフレ2%超えを容認するべき」
「インフレ期待は低い」
17日02:53 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
「2%の物価目標の未達は信任問題になる」
17日03:07 クーレ欧州中央銀行(ECB)理事
「現在の低インフレは不可解」
※時間は日本時間










ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「将来の利上げ幅や時期については分からない」
ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「雇用市場がカナダ経済の真の姿を示している」
17日09:47 茂木経済財政相
「米国は日本に自動車の輸出数量規制を求めない方針であることを、日米貿易交渉の米側責任者であるライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を通じて確認した」
17日12:37 黒田日銀総裁
「来年春を超えて現在の低金利を維持する可能性は十分にある」
「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
「物価は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」
17日16:30 菅官房長官
「日本経済のファンダメンタルズはしっかりしている」
17日18:46 コービン労働党党首
「労働党は引き続きメイ首相のブレグジット案には反対する」
「政府からの新たな提案については考慮する」
「保守党が新たな党首を選ぶことは政府の権限を損なっている」
17日21:14 トランプ米大統領
「対日本・EUの自動車関税措置を少なくても180日間延期」
18日02:21 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「将来の利上げ幅や時期については分からない」
「雇用市場がカナダ経済の真の姿を示している」
※時間は日本時間












posted by ken at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする