2019年11月24日

要人発言 11月18日週


ECB理事会メンバーでもあるストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁は、理事会内の見解の相違について、ラガルド総裁が対話を通して解決を目指す姿勢を示したことを明らかにした。
情報提供;FXニュースレター
ECB理事会メンバーでもあるビスコ・イタリア中銀総裁は、ユーロ圏の救済基金である欧州安定メカニズム(ESM)の改革に向けた動きが出ていることについて、改革による損失は恩恵を上回る恐れがあるとして警戒感を示した。
情報提供;FXニュースレター
カナダ中銀のポロズ総裁は、新たな技術の普及によって中銀の金融政策運営は困難になっているとの見解を示す一方、潜在的な生産を高める可能性も指摘した。
情報提供;FXニュースレター
FOXビジネス・ネットワークは、米ダラス連銀のカプラン総裁が、関税合戦がブレーキとなり、製造業をめぐる環境はより困難になっているとの見解を示したと報じている。また、FRBの政策は適切としたうえで、世界的な低迷が継続・拡大するかどうか注視する考えを示していた。
情報提供;FXニュースレター
米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、週末に参加した会議で、インフレ率が低いためFRBは低金利を維持し、労働市場の拡大を促すことが可能だとの認識を示した。
情報提供;FXニュースレター
デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「欧州圏のリセッションは非常に起こりにくい」
「ECBの量的緩和の制限まですぐに到達はしない」
「ECBの政策により副作用があることは認識している」
ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は18日、収益性の弱さはユーロ圏の銀行セクターの主な脆弱(ぜいじゃく)性の一つだとし、ECBの低金利は銀行の業績見通しを悪化させるだけだとの見解を示した。
バスレ・スロベニア中銀総裁
「状況が変化すれば、さらなる利下げの余地はある」
「鉱業は弱いが、サービス・労働市場は一段とポジティブ」
「最近の利回り上昇を懸念していない。金融状況は好ましい」



















メスター米クリーブランド連銀総裁
「米国経済は順調]
「インフレは2%を下回っているが目標に向かっている」
メスター・クリーブランド連銀総裁は「インフレは2%未満だが、目標に向かっている」「米国の消費者は力強く、弾力性に富む」「米経済は順調」などと述べた。
メスター・クリーブランド連銀総裁は「今年最後のFOMCでは政策金利は現状維持が望ましい」「金融政策は良い位置にあり、現状維持を希望」などと述べた。
ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「FRBのインフレ目標に非常に近づいている」
ローゼングレン・ボストン連銀総裁は「FEDのインフレターゲットにかなり近い」「経済は良い位置にある」「FEDは以前のように多くの政策手段を持っていない」などと述べた。
ローゼングレン・ボストン連銀総裁は「米国においてはマイナス金利は適さない」「インフレレンジの採用を優先」などと述べた。
ロイターは、ECB理事会メンバーでもあるバスレ・スロベニア中銀総裁がインタビューで、ユーロ圏経済は安定化したとし、ECBが9月に決定した包括的な緩和策は意図した通りの効果を発揮しているとの見解を示したと報じている。
情報提供;FXニュースレター
ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、世界経済が低迷し、多くの国々で低金利の長期化が見込まれるなか、銀行の収益性低下はリスクテークの拡大を招く恐れがあるという考えを示した。
情報提供;FXニュースレター
黒田日銀総裁
「日本経済は基調として穏やかに拡大するとみられる」
「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
日銀の黒田総裁は19日「物価2%目標は主要国間の為替を安定する方向に機能」、「政策委員見通しの中央値は2021年度でも2%に達しない」などと発言した。
日銀の黒田総裁は19日、「ETF買い入れは引き続き必要な措置と思っている」などと発言した。
日銀の黒田総裁は、出席した参院財政金融委で自民党議員からの質問に答え、円のデジタル通貨について、現時点では発行する計画がないと述べた。
情報提供;FXニュースレター
日銀の黒田総裁は、マイナス金利の深掘りに限界ないと言ったことはない、などと発言した。
黒田日銀総裁
「2021年度中に物価2%を達成する可能性は極めて薄い」
「マイナス金利の深堀りに限界はないと言ったことはない」
日銀の黒田総裁は、「金融政策手段は、様々な余地ある」などと発言した。
日銀の黒田総裁は、マイナス金利の深掘り余地は十分にある、などと発言した。
黒田日銀総裁
「金融政策手段は様々な余地がある」
「マイナス金利の深堀り余地は十分にある」
日銀の黒田総裁は、金融緩和推進の中で財政活用なら、景気刺激の効果が高まる、と発言した。
ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「インフレ目標の達成に非常に近づいている」
「インフレ率は低く安定、失業率も低い」
「FRBの目的は経済をこの良い状況で維持すること」
ウィリアムズNY連銀総裁の発言として、「経済は非常に好位置にある」、「インフレ目標達成に近づいている」、「FRBの現在の政策は幾分緩和的」と伝えられている。


18日18:38 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「欧州圏のリセッションは非常に起こりにくい」
「ECBの量的緩和の制限まですぐに到達はしない」
「ECBの政策により副作用があることは認識している」
18日20:11 ジョンソン英首相
「法人税のさらなる引き下げを延期する」
「今回の決定は事業への減税に反対しているわけではない」
18日20:51 バスレ・スロベニア中銀総裁
「状況が変化すれば、さらなる利下げの余地はある」
「鉱業は弱いが、サービス・労働市場は一段とポジティブ」
「最近の利回り上昇を懸念していない。金融状況は好ましい」
18日22:26 レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミスト
「ECBがすでに限界にあるとは思わない」
19日00:56 トランプ米大統領
「パウエルFRB議長とマイナス金利やドルについて協議」
19日02:19 メスター米クリーブランド連銀総裁
「米国経済は順調]
「インフレは2%を下回っているが目標に向かっている」
19日04:38 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「FRBのインフレ目標に非常に近づいている」
※時間は日本時間













ウィリアムズNY連銀総裁は「FEDの金融政策のスタンスるは現状適切」「FEDは個々の経済データに過剰に反応すべきではない」「金利の上昇を促すようなリスクを認識せず」などと述べた。
ウィリアムズNY連銀総裁は「先行きにいくつかのダウンサイドリスクがある」「世界的な要因により経済が現在の予想よりも失速した場合、FEDは金利の引き下げを検討する可能性」などと述べた。
ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「金融政策のスタンスは適切」
「下サイドの見通しがもう少しみられる」
ウィルキンスBOC副総裁は「貿易戦争、金融の脆弱性は経済の不確実性とストレスの主な原因」「カナダの経済は全体的に順調」「原油価格の低下がエネルギーを生産する州を圧迫」などと述べた。
ウィルキンスBOC副総裁
「政策金利は1.75%で低いが、まだ操作する余地がある」
「フォワードガイダンスや大規模資産購入など他のオプションもある」
デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「金融政策の副作用がさらに明白になっている」
「我々はリバーサルレートに近づいているとは思っていない」
19日09:30 豪準備銀行(RBA)議事要旨
「必要ならさらなる緩和を行う用意がある」
「11月会合で利下げも検討」
「理事会は利下げによる預金者や信頼感への負の影響も認識」
「豪ドルは直近のレンジ下限にある」
「低金利の長期化が目標の達成に必要という認識で一致」
「家計消費の見通しはかなりの不透明感」
19日10:08 黒田日銀総裁
「日本経済は基調として穏やかに拡大するとみられる」
「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
「2021年度中に物価2%を達成する可能性は極めて薄い」
「マイナス金利の深堀りに限界はないと言ったことはない」
「金融政策手段は様々な余地がある」
「マイナス金利の深堀り余地は十分にある」
19日12:53 トランプ米大統領
「パウエルFRB議長には会合で他国と比べて金利が高過ぎると伝えた」
20日02:08
「中国は取引に応じるしかなくなる」
「中国と合意なければ関税をさらに引き上げる」
19日18:28 エルドアン・トルコ大統領
「トランプ米大統領との会談は有意義だった」
「米国との問題はちょっと面倒な事態」
「トルコはS400を諦めないと米大統領には伝えた」
19日23:08 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「インフレ目標の達成に非常に近づいている」
「インフレ率は低く安定、失業率も低い」
「FRBの目的は経済をこの良い状況で維持すること」
「金融政策のスタンスは適切」
「下サイドの見通しがもう少しみられる」
20日03:05 ウィルキンスBOC副総裁
「政策金利は1.75%で低いが、まだ操作する余地がある」
「フォワードガイダンスや大規模資産購入など他のオプションもある」
※時間は日本時間












ECBのデギンドス副総裁は会見で、ECBの金利は、融資を促進するどころか銀行の金融仲介機能を損なってしまう「リバーサルレート」にはまだ接近していないとの認識を示した。ただ、超緩和政策の悪影響が一段と顕著になっており、注視する必要があると述べている。
情報提供;FXニュースレター
ブルームバーグテレビは、デギンドスECB副総裁がインタビューで、ECBが量的緩和プログラムの限界に達する差し迫ったリスクはないと述べた、と報じている。緩和的な金融政策をめぐり負の副作用が積み上がりつつあるが、当面は現状をほぼ維持する方針を示唆したという。
情報提供;FXニュースレター
ECB理事会メンバーでもあるマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、下半期の一連の経済指標を踏まえると、ユーロ圏の経済成長が緩やかな状態にとどまる状況は継続するとの見方を示した。
情報提供;FXニュースレター
20日05:21 ジョンソン英首相
「保守党全体が私のEU離脱案を支持している」
20日05:23 コービン英労働党党首
「労働党は3カ月間、ブレグジット交渉を行う」
「労働党は6カ月以内に国民投票を実施する」
「労働党は緊縮財政を終わらせる」
20日10:24 中国外務省
「米上院による香港人権法案可決に反対」
「米国は香港や中国の件に介入すべきではない」
20日14:39 レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミスト
「ユーロ圏のリセッションを想定していない」
「ECBの金融政策は限界にはきていない」
20日16:41 エスパー米国防長官
「アジア沿岸諸国に対する中国のいじめに反対」
「中国の行為は国権を侵害している」
20日18:35 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「金融政策の副作用がさらに明白になっている」
「我々はリバーサルレートに近づいているとは思っていない」
20日20:11 欧州委員会
「イタリアは財政目標からさらに遠のいている」
「ベルギーやスペイン、フランスは財政規則を破るリスク」
21日00:28 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
「来年の米経済はトレンドをわずかに上回ると予想」
「インフレは2%に向けて上昇している」
「見通しを評価するため若干待ちたい」
21日01:44 トランプ米大統領
「米国は中国との対話を継続」
「中国は取引を望んでいる」
21日03:31 メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事
「スイスにとってマイナス金利は絶対的に必要で不可欠」
「SNBは必要とあらば為替市場で介入する」
「スイスの短期成長見通しは悪化」
「インフレ圧力は非常に弱い」
日04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「大半のメンバーは10月利下げ後、金利は適切と判断」
「ほとんどのメンバーは利下げが緩やかな成長を支える調整と判断」
「数人のメンバーは近いうちに追加利下げがないとの明示が必要と指摘」
「数人のメンバーは中期的にリセッションに陥るリスクが幾分低下したと分析」
「多くのメンバーは下振れリスクが高まったと認識」
「多くのメンバーは世界的な景気減速と貿易の不確実性のために利下げが正当化されると判断」
「数人のメンバーは金利を安定的に維持することを支持。見通しは良好であり、インフレ率は上昇すると予想」
※時間は日本時間












カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁は「リセッションは予想していないが、リスクはある」などと述べた。
メスター・クリーブランド連銀総裁は「FEDは3回の利下げでよい位置に到達した」「ダウンサイドリスクを抱えており、投資は弱い」「来年の米国の成長率は2%でトレンドの近辺」などと述べた。
メスター米クリーブランド連銀総裁
「弱さが経済全体に広がっている兆候はない」
「リスクは下サイド、投資は弱い」
「来年の米GDP成長率は2%程度とみる」
カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「米個人消費は依然として強い」
「企業は投資を削減し、将来に神経質になっている」
デギントスECB副総裁は「ユーロ圏の経済リスクは依然としてダウンサイド」「財政政策が役割を拡大することが重要」「ユーロ圏のリセッションは非常に起こりにくい」などと述べた。
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「世界経済の主な2つの過大は世界貿易の変化と先進国の成長」
「ポリシーミックス(いくつかの政策を組み合わせて同時期に実施すること)が欧州には必要」
「我々の金融政策に対する副作用を引き続き注視する」
「経済が回復している間は緩和的な政策スタンスが主な原動力となる」
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「ECBの戦略見直しを近い将来開始する予定」
21日12:32 李中国首相
「今年の中国経済は安定を維持した。主な社会・経済目標を達成することに自信」
「マクロ政策の安定を維持、積極的な財政政策と穏健な金融政策を継続する」
「実質金利を引き下げるために、あらゆる手段の活用が必要」
「金融政策は、実体経済により適したものである必要」
「財政政策がより効果的になるように、カウンターシクリカルな調整を最大限活用すべき」
21日16:08 中国商務省報道官
「米中は今後も緊密なコミュニケーションを継続する」
1日17:08 王毅中国外相
「中国は香港の繁栄と安定を破壊することを誰にも許さない」
「香港人権法案可決に断固反対」
「米国の行動は2国間関係に深刻な損害を与える」
「米国は何度も中国の内政を干渉してきた」
21日21:35 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(10月23日−24日分)
「インフレ見通しや緩和策の効果を再評価するにはさらなる情報が必要ということで広く合意」
「経済の弱さが予想よりも長く続くかどうかの疑問があがった」
「金融政策の副作用の可能性について評価することを促す」
21日23:21 ポロズBOC総裁
「現在の政策金利は適切な水準」
22日00:44 メスター米クリーブランド連銀総裁
「弱さが経済全体に広がっている兆候はない」
「リスクは下サイド、投資は弱い」
「来年の米GDP成長率は2%程度とみる」
22日00:50 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「米個人消費は依然として強い」
「企業は投資を削減し、将来に神経質になっている」
※時間は日本時間













ECB理事会メンバーでもあるワイトマン独連銀総裁は、システミックリスクに対応するためのマクロプルデンシャル政策はまだ黎明期にあるため、ECBがその役割を過信することがあってはならないとし、超緩和策でバブルが発生するリスクに警告した。ただ、ユーロ圏の成長とインフレが低迷していることを踏まえるとECBによる緩和策はなお正当化されるとの立場も示している。
情報提供;FXニュースレター
ECBのラガルド総裁は、今後の金融政策レビューで債券買い取りに関して環境面での持続性を考慮する方針を明らかにした。
情報提供;FXニュースレター
ECB理事会メンバーでもあるカジミール・スロバキア中銀総裁は、ECBの包括的な政策の見直しについて、理事会の新たなメンバーが揃うまで待つべきだと述べた。
情報提供;FXニュースレター
22日05:14 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「ユーロ圏経済のリスクは依然として下方向」
22日14:21 習近平・中国国家主席
「中国経済の長期的な回復トレンドは変わっていない」
「中国経済には強い耐性があり、措置を取る余地がある」
「相互尊重と平等の原則に基づいて米国と第1段階の通商合意をまとめたい」
「必要であれば反撃するが、貿易戦争を起こさないよう積極的に取り組んでいる」
22日17:59
「米中は誤った判断を避けるために戦略上の問題に関して強いコミュニケーションをとるべき」
22日16:29 中国外務省報道官
「米国は内政干渉しようとしている」
「米中は貿易についてコンタクトを取っている」
「全員が利益となる合意を望む」
22日17:38 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「世界経済の主な2つの過大は世界貿易の変化と先進国の成長」
「ポリシーミックス(いくつかの政策を組み合わせて同時期に実施すること)が欧州には必要」
「我々の金融政策に対する副作用を引き続き注視する」
「経済が回復している間は緩和的な政策スタンスが主な原動力となる」
「ECBの戦略見直しを近い将来開始する予定」
22日20:33 カジミール・スロバキア中銀総裁
「ユーロ圏の見通しを懸念していない」
「ECBメンバーの交代が完了するまでは政策の修正を待ったほうが良い」
22日22:47 トランプ米大統領
「中国との合意は非常に近い」
「中国と合意する非常に良い機会」
「中国の習近平国家主席に対して香港に軍を送るなと警告した」
「香港と立場を共にするが貿易合意も望む」
「中国との取引は非常に上手くいっている」
※時間は日本時間










posted by ken at 11:37| 東京 🌁| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

FOMC[米連邦公開市場委員会]議事要旨[10月29-30日開催分]


FOMC議事要旨は「大半の参加者、利下げが緩やかな成長を支える調整と判断」「2人の参加者、近いうちに追加利下げがないとの明示が必要と指摘」「2人の参加者、利下げを支持しつつも据え置き判断とは僅差」などと公表した。
FOMC議事要旨は「多くの要因が短期金融市場の流動性不足の背景」「高水準の企業負債とリスク資産の増大が金融安定へのリスク」などと公表した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「大半のメンバーは10月利下げ後、金利は適切と判断」
「ほとんどのメンバーは利下げが緩やかな成長を支える調整と判断」
「数人のメンバーは近いうちに追加利下げがないとの明示が必要と指摘」
「数人のメンバーは中期的にリセッションに陥るリスクが幾分低下したと分析」
FOMC議事要旨は「大半の参加者が10月利下げ後、金利は適切と判断」「多くの参加者が下振れリスクは高まったと判断」などと公表した。
FOMC議事要旨は「多くの参加者が景気の下振れリスクは強く、物価上昇率の水準は利下げを正当化すると判断」「利下げの効果を注視」などと公表した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「多くのメンバーは下振れリスクが高まったと認識」
「多くのメンバーは世界的な景気減速と貿易の不確実性のために利下げが正当化されると判断」
「数人のメンバーは金利を安定的に維持することを支持。見通しは良好であり、インフレ率は上昇すると予想」


21日04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「大半のメンバーは10月利下げ後、金利は適切と判断」
「ほとんどのメンバーは利下げが緩やかな成長を支える調整と判断」
「数人のメンバーは近いうちに追加利下げがないとの明示が必要と指摘」
「数人のメンバーは中期的にリセッションに陥るリスクが幾分低下したと分析」
「多くのメンバーは下振れリスクが高まったと認識」
「多くのメンバーは世界的な景気減速と貿易の不確実性のために利下げが正当化されると判断」
「数人のメンバーは金利を安定的に維持することを支持。見通しは良好であり、インフレ率は上昇すると予想」





posted by ken at 10:54| 東京 🌁| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

パウエルFRB議長、上下両院合同経済委員会で証言 & パウエルFRB議長、下院予算委員会で証言


パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「経済が軌道を維持する限り現行政策は適切」
「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
パウエルFRB議長は13日「経済が軌道維持する限り現行政策は適切に」などと発言した。
パウエルFRB議長は13日「景気悪化の時には財政政策による支援が重要に」などと発言した。
パウエルFRB議長は13日「基本的な見通し良好も留意すべきリスク残る」などと発言した。


パウエルFRB議長は「最大雇用がどの程度かはわからない」「FEDは謙虚に制作に取り組む必要がある」「現状の労働市場を好感」などと述べた。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない」
「インフレは横ばい」
パウエルFEB議長は「ニューノーマルにおいて世界は低金利、低インフレ、低成長となる」「レポ市場の混乱は経済、一般大衆に影響を与えない」などと述べた。
パウエルFRB議長は「高いインフレよりも低いインフレのほうがリスク」「低金利は政府が赤字を無視できることを意味しない」「国債は経済よりも急速に拡大」などと述べた。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」
「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」
「国債の増加は持続不可能」
パウエルFRB議長は「マイナス金利は現状の米経済では適切ではない」「中国経済を理解するのは非常に難しい」などと述べた。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「現時点でマイナス金利は適切ではない」
「FRBは政治的な要因で政策を考慮しない」
「政策はデータに依存しており、適切に機能している」


13日23:34 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「経済が軌道を維持する限り現行政策は適切」
「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
14日01:30
「労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない」
「インフレは横ばい」
「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」
「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」
「国債の増加は持続不可能」
「現時点でマイナス金利は適切ではない」
「FRBは政治的な要因で政策を考慮しない」
「政策はデータに依存しており、適切に機能している」









パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「米経済は持続的な拡大の可能性が高い」
パウエルFRB議長は「経済成長よりも速いスピードで拡大する米国の債務は持続不可能」「時間がたつほどに米国は負債の利息に税金を投入することになる」などと述べtあ。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「米債務は経済より速く拡大しており持続不可能」
パウエルFRB議長は「現時点で景気後退の可能性が高まっていると考える理由はない」「景気拡大は持続可能」「他の景気サイクルに見られた警告のシグナルはない」などと述べた。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「他の景気サイクルに見られた警告シグナルは見られない」
パウエルFRB議長は「インフレ率は強い労働市場から上向きの圧力を受けていない」「低インフレは経済の過熱の兆候を示していない」などと述べた。
パウエルFRB議長は「FEDは必要に応じてツールを積極的に使用する」「財政政策は景気後退時の需要をサポートするのに非常に強力」「米国には必要に応じて景気後退に対応するための財政的な余地がある」などと述べた。


15日00:15 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「米経済は持続的な拡大の可能性が高い」
「米債務は経済より速く拡大しており持続不可能」
「他の景気サイクルに見られた警告シグナルは見られない」









posted by ken at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする