2020年05月01日

ECB[欧州中央銀行]、政策金利発表 & ラガルドECB総裁、記者会見


欧州中央銀行は、上限政策金利の限界貸付金利を0.25%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、下限政策金利の中銀預金金利をマイナス0.50%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、政策金利を現行の0.00%に据え置く事を決定した。
欧州中央銀行(ECB)は30日、政策金利を市場予想通り0.00%に据え置いた。また、中銀預金金利を-0.50%に据え置き、限界貸出金利を現行の0.25%で据え置いた。
 なお、ラガルドECB総裁の記者会見が日本時間21時30分から行われる。
ECB(欧州中銀)は30日、TLTRO(条件付き長期資金供給オペ)の条件を一層緩和する方針を決めた。
ECBは30日、パンデミック緊急購入プログラムの規模を7500億ユーロで維持する事を決定した。
欧州中央銀行(ECB)声明
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7500億ユーロの規模で維持」
「PEPPの規模を拡大する準備がある」
ECBは30日、「インフレが目標に近づくまで金利は現行以下の水準にとどまる」との見解を示した。
ECBは30日、銀行向け新たなパンデミック・リファイナンスオペを発表した。
ECBは30日、TLTRO(条件付き長期資金供給オペ)の最低金利を引き下げる事を決定した。
ECBは30日、必要に応じて購入プログラムの規模拡大の用意がある旨示唆した。
ECBは30日、「インフレが目標に近づくまで金利は現行以下の水準にとどまる」との見解を示した。


ラガルドECB総裁は30日、定例理事会後の会見で「ユーロ圏経済は今年は最大で12%縮小する可能性」などと発言した。
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「今年のユーロ圏経済は5-12%縮小する可能性」
「回復のスピードや規模は依然として不透明感が高い」
「断固としたECBの措置は重要なサポートとなる」
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を必要な限り延長する用意」
「ECBはあらゆる手段を講じる用意がある」
「最近の経済データは異例の低下」
「新型コロナの経済への影響は第2四半期にはさらに厳しくなる可能性」
ラガルドECB総裁は30日「ECBはPEPP(パンデミック緊急購入計画)を必要な限り拡大する用意ある」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「総合インフレ率は今後数カ月で大幅低下へ」との見解を示した。
ラガルドECB総裁は30日、「長期的なインフレ期待への影響は比較的小さい」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「経済成長は厳しいシナリオでは第2四半期に15%縮小する見通し」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「今回は資産購入プログラムの議論はしなかった」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「PEPP(パンデミック緊急購入計画)は必要に応じ来年以降に期限を延長する可能性もある」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「ECBは金融破綻のリスクを容認しない」などと発言した。
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「ECBは金融面で域内が断絶するリスクを容認しない」
ラガルドECB総裁は30日、「ECBは5月1日に経済シナリオを公表」などと発言した。




30日20:50 欧州中央銀行(ECB)声明
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7500億ユーロの規模で維持」
「PEPPの規模を拡大する準備がある」

30日21:37 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「今年のユーロ圏経済は5-12%縮小する可能性」
「回復のスピードや規模は依然として不透明感が高い」
「断固としたECBの措置は重要なサポートとなる」
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を必要な限り延長する用意」
「ECBはあらゆる手段を講じる用意がある」
「最近の経済データは異例の低下」
「新型コロナの経済への影響は第2四半期にはさらに厳しくなる可能性」
「ECBは金融面で域内が断絶するリスクを容認しない」








posted by ken at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | NEWっす | 更新情報をチェックする

FOMC[米連邦公開市場委員会]金融政策発表 & パウエルFRB議長、記者会見


欧州中央銀行は、上限政策金利の限界貸付金利を0.25%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、下限政策金利の中銀預金金利をマイナス0.50%で維持する事を決定した。
欧州中央銀行は、政策金利を現行の0.00%に据え置く事を決定した。
欧州中央銀行(ECB)は30日、政策金利を市場予想通り0.00%に据え置いた。また、中銀預金金利を-0.50%に据え置き、限界貸出金利を現行の0.25%で据え置いた。
 なお、ラガルドECB総裁の記者会見が日本時間21時30分から行われる。
ECB(欧州中銀)は30日、TLTRO(条件付き長期資金供給オペ)の条件を一層緩和する方針を決めた。
ECBは30日、パンデミック緊急購入プログラムの規模を7500億ユーロで維持する事を決定した。
欧州中央銀行(ECB)声明
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7500億ユーロの規模で維持」
「PEPPの規模を拡大する準備がある」
ECBは30日、「インフレが目標に近づくまで金利は現行以下の水準にとどまる」との見解を示した。
ECBは30日、銀行向け新たなパンデミック・リファイナンスオペを発表した。
ECBは30日、TLTRO(条件付き長期資金供給オペ)の最低金利を引き下げる事を決定した。
ECBは30日、必要に応じて購入プログラムの規模拡大の用意がある旨示唆した。
ECBは30日、「インフレが目標に近づくまで金利は現行以下の水準にとどまる」との見解を示した。


ラガルドECB総裁は30日、定例理事会後の会見で「ユーロ圏経済は今年は最大で12%縮小する可能性」などと発言した。
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「今年のユーロ圏経済は5-12%縮小する可能性」
「回復のスピードや規模は依然として不透明感が高い」
「断固としたECBの措置は重要なサポートとなる」
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を必要な限り延長する用意」
「ECBはあらゆる手段を講じる用意がある」
「最近の経済データは異例の低下」
「新型コロナの経済への影響は第2四半期にはさらに厳しくなる可能性」
ラガルドECB総裁は30日「ECBはPEPP(パンデミック緊急購入計画)を必要な限り拡大する用意ある」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「総合インフレ率は今後数カ月で大幅低下へ」との見解を示した。
ラガルドECB総裁は30日、「長期的なインフレ期待への影響は比較的小さい」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「経済成長は厳しいシナリオでは第2四半期に15%縮小する見通し」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「今回は資産購入プログラムの議論はしなかった」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「PEPP(パンデミック緊急購入計画)は必要に応じ来年以降に期限を延長する可能性もある」などと発言した。
ラガルドECB総裁は30日、「ECBは金融破綻のリスクを容認しない」などと発言した。
ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「ECBは金融面で域内が断絶するリスクを容認しない」
ラガルドECB総裁は30日、「ECBは5月1日に経済シナリオを公表」などと発言した。




30日20:50 欧州中央銀行(ECB)声明
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7500億ユーロの規模で維持」
「PEPPの規模を拡大する準備がある」

30日21:37 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「今年のユーロ圏経済は5-12%縮小する可能性」
「回復のスピードや規模は依然として不透明感が高い」
「断固としたECBの措置は重要なサポートとなる」
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を必要な限り延長する用意」
「ECBはあらゆる手段を講じる用意がある」
「最近の経済データは異例の低下」
「新型コロナの経済への影響は第2四半期にはさらに厳しくなる可能性」
「ECBは金融面で域内が断絶するリスクを容認しない」








posted by ken at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする