2020年05月24日

FOMC[米連邦公開市場委員会]議事要旨[4月28、29日開催分] & 日銀、臨時金融政策決定会合 & 欧州中銀、議事要旨公表[4月29-30日分]


FOMC議事要旨は「一部当局者はフォワードガイダンスの方が明確な可能性」「FOMCは今後金利政策に関する意図を明確にできる」「債券購入では、より明確な情報が必要になる場合がある」などと公表した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「フォワードガイダンスをより明確にするべき」
「FOMCは今後金利政策の意図を明確にすることができる」
「FRBは米経済を支援するためのさまざまな手段を用いるとコミット」
「新型コロナウイルスは短期的には経済活動、雇用、インフレの重し。中期的な経済活動にかなりのマイナス面のリスクをもたらす」
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「軌道に乗るまで現在の目標レートを維持すると予想」
「見通しを評価する際に、公衆衛生情報、世界動向、インフレ圧力の抑制を引き続き監視」
「社会的距離の規制が解除された後も、個人消費は通常のレベルにすぐに戻る可能性は低い」
FOMC議事要旨は「一部当局者は危機の拡大が銀行への圧力を増大させると懸念」「異常な不確実性、中期的にかなりのリスク」などと公表した。
FOMC議事要旨は「軌道に乗るまで現行のレートを維持すると予想」「個人消費がすぐに通常の水準に戻る可能性は低い」「QEも可能」などと公表した。
FOMC議事要旨は「新しいコロナウィルスの発生リスクを懸念」「FEDは米経済を支えるため、あらゆる手段を用いる」などと公表した。

21日03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「フォワードガイダンスをより明確にするべき」
「FOMCは今後金利政策の意図を明確にすることができる」
「FRBは米経済を支援するためのさまざまな手段を用いるとコミット」
「新型コロナウイルスは短期的には経済活動、雇用、インフレの重し。中期的な経済活動にかなりのマイナス面のリスクをもたらす」
「軌道に乗るまで現在の目標レートを維持すると予想」
「見通しを評価する際に、公衆衛生情報、世界動向、インフレ圧力の抑制を引き続き監視」
「社会的距離の規制が解除された後も、個人消費は通常のレベルにすぐに戻る可能性は低い」



日銀金融政策決定会合は22日、企業金融支援策を強化を決定した。
22日の東京外為市場では、ドル/円、クロス円でやや円高と外貨安に振れている。
日銀は臨時政策会合で、中小企業等の資金繰り支援のための新資金供給手段の導入などを決めた。事前予想通りながら、材料尽くしや明確な追加金融緩和の見送り失望などで、調整円買いが散見されている。
10:03時点、ドル/円は107.65-70円。
日銀は、新型コロナ対応特別プログラム総枠で約75兆円を設定した。
日銀は新型コロナの影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和を行う方針を示した。
日銀は当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持すると決定した。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている中小企業などに対する新たな資金繰り支援制度を正式に決めた。新型おコロナ対応特別プログラム総枠約75兆円を決定した。
日銀声明
「総枠約75兆円の新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラムを創設」
「新型コロナ対応特別プログラムは21年3月末まで実施」
「必要なら躊躇なく追加緩和」
日銀は、臨時会合後の黒田総裁の記者会見は行わない、と説明した。



欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(4月30日分)
「ECBは6月の会合でパンデミック緊急購入プログラム(PPEP)やその他の手段について調整する可能性がある」
「委員は景気シナリオが後ずれする可能性を懸念」











posted by ken at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください